未来あるこども達のために


3.11以降、福島県は原発事故にあい、大きく変わってしまいました。

大地や海が放射能に汚染され、イノシシや、魚や、オタマジャクシから、高濃度の放射性物質が検出されています。

子どもは自然の中で遊ぶことでたくましく成長してゆきますが、原発事故は福島の子供たちから、自然の中で泥んこになって遊びまわる機会を奪ったのです。

大人の責任として、子どもたちに何がしてあげられるのか?

もっと考えなければいけないと思いました。

一人ひとりが、自分にできることを、考えるためには、「情報」が鍵を握るのではないでしょうか?

自分たちのことは、自分たちで決めることができるように、福島を生きる、フクシマン達が福島の今の「情報」を、「映像」や「記事」でリポートしたいと思います。
 
 

(厚労省日報ダイジェストをクリックしてもリンク先へ跳ばない方は、アメブロへ無料会員登録をしていただくとご覧になれると思います。)

 

 

「厚労省ダイジェスト」

 ラジオ放送開始!!

 

 今年4月より、「厚労省ダイジェスト福島県版」の「ラジオ放送」

「放射性物質検査結果報告(厚労省ダイジェスト・ラジオ版)」

が始まりました。

 

放送局は、ココラジ FM79.1Mz(郡山コミュニティ放送)で、放送時間は、月曜~金曜

 

 「午後15時5分」

(※金曜は午後16時5分)

「午後18時頃」になります。